トップ

求人と職務履歴書の書き方

求人への応募と履歴書

求人,面接

求人職務経歴書書き方作成手順 

求人を見て、応募した場合、職務経歴書を書かなければなりません。書き方としては、自分の職歴を書くだけなので、そこまで大変なことではありません。ですが、間違えてしまった場合など、また最初から書き直すことになるので、作成手順としては、下書きなどをしたうえで、職務経歴書に書くことにより、ミスを減らすことができます。また、求人の情報に合わせた書き方をするだけで、特別問題はなく仕上げることができます。作成手順としては、自分が卒業した学校などを明記したうえで、その後仕事をしていた場合どのような会社に何年務めたかを書けば、それで問題はありません。

職務経歴書の書き方と作成手順 

応募する求人が決まったら、履歴書と職務経歴書を作成します。特に職務経歴書はこれまでの仕事の経緯を表すものになるので、その求人に合った自己アピールが含まれていることが必要です。書き方はパソコンを使用して、簡潔に、わかりやすく表現していきます。作成手順としては、まず今までの経験と実績を具体的にします。そしてそれによって見についたスキルや知識、能力をアピールします。アピールできる資格があればそれも加えておきます。最後に応募先の会社で何ができるか、どのように貢献できるかということを書きましょう。これまでの経歴だけではなく、身についたスキルがどのように生かせるかということが書かれていることが採用を決めるのです。

上手な自己PR情報

新着情報